スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アルメニア性」とハチャトゥリアン(2):《ヴァイオリン協奏曲》の成立史と演奏史の問題

こんにちは、再び能書きの長い指揮者の三浦です。

前回は、「世界とアルメニア、そしてハチャトゥリアン」をめぐるお話をしました。今回と次回は、もう少しハチャトゥリアンの《ヴァイオリン協奏曲》とその「アルメニア性」に迫ったお話をしてみようと思います。

さて、お話は、指揮者が奏者から「『アルメニア的』って何だろう?」と訊かれたところに戻ります。今度は、ハチャトゥリアンの《ヴァイオリン協奏曲》の成立史、演奏史といった点について、とりわけ初演者ダヴィド・オイストラフとの関係を中心にご説明しましょう。

−−−−−−−−−−−−−−−−


 1930年代の10年間、作曲家は音楽院在学中も含め、アルメニアの民族音楽を芸術音楽として昇華することを目的に作曲活動を続けていた。作曲家がこのような目的を持ったのは、前回のエントリにおいて言及した長兄スレン・ハチャトゥリアン(1889-1934)の影響もさることながら、アルメニアの作曲家アレクサンドル・スペンディアリアン(1871-1928)との出会いもまた大きな契機となったであろう。作曲家はモスクワでスペンディアリアンと出会い親交を結び、初の創作《ピアノのための舞曲とソング=ポエム・『アシューグに敬意を表して』》を自らスペンディアリアンに見せ、批評を仰いだ。いわば「アルメニア国民楽派」の中心人物であったスペンディアリアンは、作曲家の作品を非常に評価し、進むべき道を示したと言う。その10年後の1940年、作曲家はヴァイオリンによるヴィルトゥオジティにあふれた協奏曲を作曲しようと企図し、わずか2ヶ月という非常に短い期間で《ヴァイオリン協奏曲 ニ短調》を書き上げた。

 その《ヴァイオリン協奏曲》は、今日ではその献呈者であるヴァイオリニスト、ダヴィド・オイストラフ(1908-1974)との関わりという文脈で語られることが多い。オイストラフと作曲家は1930年代にすでに知己となっていたが、特別に親密な関係を築いていたわけではなかった。1940年、スターラヤ・ルーサの「創造の家」(ソヴィエト連邦には、そのように呼ばれる、芸術家のための保養地があった)にある別荘で、作曲家はヴァイオリン協奏曲の構想を練り、すぐに作品に着手したと言われる。この時期、偶然にも同じくこの地に滞在していたのが、ダヴィド・オイストラフであった。

 オイストラフは、作曲家が《ヴァイオリン協奏曲》を作曲中であると聞き、当然に興味を示し、また気に入り、作曲家に助言を申し出た。作曲家はそれを容れ、ソロパートに関しては、半ば「ハチャトゥリアンとオイストラフの共同作業」と言って過言ではないほどのものとなった。事実、作曲家のオイストラフ宛の手紙や、作曲家の自伝、またのちにインタビューでオイストラフがハチャトゥリアンについて語った内容によっても、それは裏付けられる。しかし、作曲家の自伝とオイストラフへのインタビューでは、微妙な温度差がある。オイストラフはこの作品の作曲に対して、また細かなパッセージや奏法の指定を含めてかなり多くの貢献をしたと自負していたようであるが、作曲家自身はオイストラフが語っていたほどの貢献があったとは認識していなかった節がある。

 以上が、当事者の一次資料からみられる、《ヴァイオリン協奏曲》の成立史のあらましである。次に、この作品の演奏史について触れたい。上述のように、この作品の成立には確かにオイストラフが深く関わっており、また実際に被献呈者もオイストラフであったし、初演ソリストもオイストラフであった。初演は、1940年11月16日、オイストラフの独奏、アレクサンドル・ガウク(1893-1963)の指揮、モスクワ放送交響楽団によって行われた。同時に、ドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906-1975)の《ピアノ五重奏曲》やニコライ・ミャスコフスキー(1881-1950)の《交響曲第21番》も初演が行われている。《ヴァイオリン協奏曲》は非常な絶賛をもって迎えられ、この後オイストラフはソ連各地、そして1955年に日本ではNHK交響楽団と、またロンドンでは作曲家の指揮のもとフィルハーモニア管弦楽団と共に演奏を行っている。

 もちろん、《ヴァイオリン協奏曲》は、オイストラフの「専売特許」ではなかった。ソ連のヴァイオリニストであったレオニード・コーガン(1924-1982)や、あまつさえルーマニアのヴァイオリニストにして作曲家、ジョルジェ・エネスク(1881-1955)も演奏している。にもかかわらず、この作品の作曲に関わり、献呈を受け、また初演を行ったオイストラフの演奏は、作品との関わりの絶大さからか、不動のオーセンティックな演奏として評価されている。現在の世界的なヴァイオリニストたちも、基本的にはオイストラフの演奏スタイルを受け継いでいる。しかし筆者はこの点に関しては大いに疑問をもっている。いくら作品の成立と伝播に貢献したオイストラフと言えども、果たしてそれをもって、オーセンティックな演奏とのレッテルを貼って良いのだろうか? 作曲家は自身の自伝において、オイストラフに感謝し、その演奏をこれ以上なく賞賛している。しかし同時に、たとえばオイストラフの演奏スタイルとは全く対極にある、1946年にルーマニアのブクレシュティ(ブカレスト)で行われたエネスクの演奏(当時すでにエネスクは65歳であった)にもまた作曲家は絶大な評価をしているのである。エネスクは、同年にモスクワでもこの作品を演奏しているが、その際、作曲家はエネスクに宛てて、「あなたの解釈はとても独自なものでありつつも、強い説得力を持っています。今後、多くのヴァイオリニストが、貴方の解釈に従うでしょう」と書いている。

 このことは、オイストラフがこの作品の成立に大きく関わったにもかかわらず、必ずしも作曲家の意に沿った演奏をしていなかった可能性を示唆している。繰り返しになるが、現代のヴァイオリニストがオイストラフの演奏スタイルに倣うことは、果たして本当に作曲家がこの作品にこめたものを忠実に表現することになっているのだろうか? 演奏家を国籍や民族をもって色眼鏡で見ることは決して公平ではないが、先日のエントリにおいて記した、この作品の「アルメニア性」を十全に表現することが自然にできるのは、やはりアルメニア文化の中に育ち、アルメニア音楽に通じているアルメニア人演奏家ではなかろうか。当然だが、何人ものアルメニア人ヴァイオリニストが、これまでにこの作品を演奏している。代表例をあげれば、作品のアルメニア初演(1943年)におけるソリストであったアナイト・ツィツィアン、元ボロディン弦楽四重奏団第1ヴァイオリン奏者であったルーベン・アハロニアン(1947-)、また最近ではアルメニア・フィルハーモニー、指揮者エドゥアルド・トプチャン(1971-)とともに日本公演でソリストを務めたカトリーヌ・マヌーキアン(1981-)らが、やはりこの作品における「アルメニア性」を明瞭に体現した演奏を残している。重ねて言うが、アルメニア人でなければ《ヴァイオリン協奏曲》を弾いてはいけない、というわけでは決してない。しかし、この作品の真髄は、やはり彼らアルメニア人ヴァイオリニスト、アルメニア人指揮者、そしてアルメニアのオーケストラの演奏において発揮されていることには疑いがない。その点において、オイストラフやコーガン、イツァーク・パールマン(1945-)らの演奏は、やはり作曲家が意図した「アルメニア性」の肝をはずしてしまっている部分があろう。

 では、この作品における「アルメニア性」の肝とは何だろう? 次のエントリでは、作曲家が意図した《ヴァイオリン協奏曲》における「アルメニア性」について、具体的に踏み込んでいきたいと思います。

参考文献:

ユゼフォーヴィチ,ヴィクトル(1986)『ハチャトゥリアン その生涯と芸術』(寺原 伸夫・阿蘇 淳・小林 久枝訳)、音楽之友社
Арам Хачатурян: Письма − М.: Композитор. 2005.
Хачатурян А. И.  Статьи и Воспоминания. − М.: Композитор. 1980.
Хубов Г. Н. Арам Хачатурян. М.: Советский Композитор. 1962.

文:三浦領哉
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。