スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルケーストル・ウリープカって、どんなオケ?

TOP|オルケーストル・ウリープカって、どんなオケ?|指揮者紹介ソリスト紹介


「オルケーストル・ウリープカ」という、不思議なネーミングのオーケストラは、
「Оркестр Улыбка」というロシア語です。

読める人が少ないキリル文字で、すみません。

Оркестр(オルケーストル)は「オーケストラ」、Улыбка(ウリープカ)は「笑顔」。決して「瓜がプカプカ(浮かんでいる)」してるわけではありませんので念のため。(苦笑)

情熱のヴァイオリニスト、西谷国登氏と共に、ハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲を演奏する為に結成された、1回限りのオーケストラです。


♪こんな経緯で、オケが設立されました♪

 2015年12月。今回の指揮者、三浦氏が指揮を務めるアマチュアオーケストラ(シンフォニエッタ・ソリーソ)の演奏会を聴いた西谷氏。「とても情熱的で音楽が大好きな方ばかりが集まっている。このような人たちと一緒に演奏したい」と思い立ち、数日後にシンフォニエッタ・ソリーソの奏者に声を掛けました。「私とハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲を演奏しませんか」

 この西谷氏のひと言こそ、この「オルケーストル・ウリープカ」を立ち上げるきっかけとなったのでした。

― なぜ、ハチャトゥリアン?
― 私が最も好きなヴァイオリンコンチェルトであり、幼いころからの憧れ。ハチャトゥリアンを演奏する事は、人生の使命のように感じています。(西谷氏)
― 私がロシア音楽研究を志して大学院に入学したときに、最初に研究しようと思った作曲家はハチャトゥリアンでした。ロシア音楽の中ではハチャトゥリアンは新しすぎて作品研究など先行研究が少なく、わたしのアルメニア語の能力が不十分なことや、またアルメニアに実際に行くのも大変ということで結局断念してラフマニノフにしてしまったのですが、ハチャトゥリアンには強い想い入れがあります。(三浦氏)
 偶然にも(?)指揮者の三浦氏の本職はロシア音楽の研究者。西谷氏と三浦氏、この2人の出会いは運命と言えるでしょう。

(続く)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。